石川県の能登半島で穫れた美味しいコシヒカリを扱う 深浦米穀店。能登産コシヒカリを送料無料でお届け!

お米マイスター深浦正敏が厳選したお米を、送料無料で心を込めてお届けします。

TOP

HOME ≫ お米の豆知識 ≫

お米の豆知識

美味しい炊き方

保管する
お米を購入する際は必ず「精米年月日」をチェックし、精米してから夏は2週間、冬は1ヶ月以内に食べ切る。精米したお米は生鮮品です。高い温度や湿度をさけ、密閉容器に入れ、冷蔵庫の野菜室での保存をお薦めします。
水・湿気に注意 臭い移りに注意 保管は涼しい場所へ 容器は清潔に

洗う

1回目は、ぬかの臭いを吸わぬうちに手早く。すぐに水を捨て、後は2~3回軽くすすぎます。3分以内に洗い終えるようにしましょう。ゴシゴシと研ぐとお米が割れてしまうので、軽くかきまぜるようにすすぎます。
水に浸ける
30分~1時間、水に浸けると芯からふっくらと炊き上がります。

炊く
釜を平らなところにおいて、目盛にピッタリあわせる。

シャリ切り
炊き上がったらお釜のふちからしゃもじを入れ1周させた後、底から一気にひっくりかえし、水分を均一にします。

残ったご飯は
温かいうちに1食分ずつラップで包み、あら熱をとって冷凍保存。2~3週間はおいしくいただけます。
 

美味しい食べ方 〜おにぎり編〜

美味しい食べ方_おにぎり編
少しかた目にご飯は炊きます。いつもより10%ほど水を少なくしてみてください。
熱々の内に素早く握るのがコツです。やけどしないようご注意ください。
炊きたてご飯には保水膜がたっぷり!この保水膜があるうちに握ると、時間が経ってからの美味しさが全然違います。
塩は混ぜてしまうよりも、手の平に付けて外側に味を付けた方が食べた時に表面の塩味を強く感じます。
すぐに食べる時は少なめに、時間がたってから食べる時は多目につけます。
水カップ1+塩小さじ1の手水を作り、米粒が手につかないようにつけると味が一定に。 手水をつけ、塩を3本指の先の腹につく程度取って、手のひらでこすり合わせてなじませます。

お米マイスターが教えるテクニック

基本をしっかり守って炊けばお米は十分に美味しくなります。しかし「もっと美味しいご飯が食べたい!」という方は以下のような一工夫も試してみてはいかがでしょうか。自分の好みのご飯が見つかるかもしれません。
マイスターのコツ

・にがりを少量加えて炊く
・古いお米にはお酒を少量加えて炊く(お米1合に対し大さじ1程度)
・もっちりさせたいならもち米を混ぜて炊く(お米の量の1割程度)
・ツヤを出したいならみりんを少量加えて炊く(お米1合に対し大さじ1/2程度)
・粘り気と甘みを出すなら備長炭を入れて炊く
・古いお米はお酒を大さじ1~2杯入れて炊く
・吸水時間をしっかり取る(2時間以上)
・蜂蜜を少し入れると甘みとつやが増し、冷めても美味しい

深浦米穀店
石川県七尾市松本町85番地

TEL:0767-53-0189
FAX:0767-53-4284

モバイルサイト

深浦米穀店スマホサイトQRコード

深浦米穀店モバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!